【スピード勝負でカビ対策】部屋干しで洗濯物を早く乾かす方法まとめ

部屋干し
【スピード勝負でカビ対策】部屋干しで洗濯物を早く乾かす方法まとめ

「部屋干しした衣類からイヤ〜な臭いがする!」なんて経験ありませんか?

今回は部屋干しするときに洗濯物を早く乾かす方法をご紹介します。

部屋干しでも問題なし!洗濯物を早く乾かす方法

部屋干しは天気や時間に左右されずに干せるところが魅力的ですが、部屋干しはただ干すだけだと乾かすのに時間がかかりますし、なんといっても生乾きの臭いが気になりますよね。

洗濯物を部屋干しして5時間以内に乾かす事ができると生乾き臭は発生しにくいというデータも出ています。

生乾き臭の他に問題なのが部屋干しによってカビの発生リスクが高くなることです。

部屋干しのコツをつかんで乾かす時間を短縮して生乾き臭やカビの発生とおさらばしましょう。

湿度をコントロールする者は部屋干しを制す

干し方でも部屋干し臭を防ぐ!

部屋干しするには湿度をできる範囲でコントロールしましょう。

例えば、一度に大量の洗濯物を干すとその分部屋全体の湿度が上がります。

湿度が上がると当然洗濯物が乾かすのに時間がかかります。

換気をしっかり行いカビを防ぐ!

換気をしっかり行いカビを防ぐ!

早く乾かす方法としては、一日で一気に干すより換気をしながら少しずつ干すという方法が有効です。

湿気対策、カビ・ダニ対策面からも換気をしっかりとすることはとても大事です。

換気扇を回しっぱなしにしておくかエアコンのドライ機能を活用しましょう。

換気をせずにいたら洗濯物を乾かすのに時間がかかるだけではなく、部屋中カビだらけになっちゃうかもしれませんよ。

雨の日は窓を開けると湿気が入ってきて逆効果なので換気扇をまわすだけにしてくださいね。

衣類乾燥除湿機でラクラク乾かす

出典:Amazon

衣類乾燥除湿機を使うことで、部屋干しの効率が一気に上がりますよ。

部屋干しで必要なのが空気の流れです。

洗濯物は上の方から乾いていくので、下の方に水分がたまり下側が乾きにくい特性があります。

衣類乾燥除湿機を洗濯物の下側から風をあてることで乾燥時間を短縮してくれますよ。

衣類乾燥除湿機の代用として扇風機で洗濯物に直接風をあてるのも一つの方法です。

洗濯物の干し方に技あり

部屋干しで洗濯物を早く乾かす方法として干し方にもポイントがあります。

干し方を工夫するだけで部屋干しした洗濯物がグッと乾きやすくなりますよ。

間隔を空けて干す

間隔を空けて干す

ハンガーにかけて干す際に注意したいのが間隔を空けることです。

ぎゅうぎゅう詰めで干すと風通りが悪く乾きにくくなるので、ハンガーとハンガーの間は最低でも10㎝は空けたほうが乾きやすくなりますよ。

洗濯物は裏返して干す

洗濯物は裏返して干す

ポケットのついている服やズボンは裏返して干しましょう。

裏返さずそのまま干すと表面は乾いているのに裏側のポケットは湿っている!なんてことがあります。

裏返して干す方法を試してみると内側の乾きにくいところまでしっかりと乾かすことができますよ。

ちょいがけ干し

ちょいがけ干し

タオル類やかけて干すものは真ん中で半分に折って干すより、少しだけかけて干すことをおすすめします。

生地が重なっているとその分空気の通りが悪くなってしまいますので、生地が重なる面を少なくした方が早く乾きますよ。

部屋干しも早く乾かせば臭わない!快適な洗濯ライフを!

スピーディーに洗濯物を乾かすことで生乾き臭を防ぐだけでなくカビの発生リスクを抑えることもできます。

方法1つで洗濯物の乾き方に随分と差が出てきますので、今回ご紹介した方法を参考にして快適に部屋干しをしてくださいね。

部屋干しをする際には洗剤や柔軟剤を部屋干し向きの物にするとより一層効果的なので、こちらの記事も参考にしてください。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!


関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

せんたくのーと