スーツのジャケットにシワが!簡単に出来るシワの取り方教えます!

スーツ
スーツのジャケットにシワが!簡単に出来るシワの取り方教えます!

ビジネスマンの必須アイテムであるスーツ。

シワが入っているとだらしなく見えて印象も悪いのでビシッと着こなしたいですよね。

スーツはシワがつきやすく、出張に行く際にたたんでスーツケースに入れたりするとせっかく準備したスーツもシワシワに。

そんなお悩みを解決する方法を今回はクリーニングの仕上げ担当の職人に聞いてきました。

プロも実践する方法なのでぜひ参考にしてくださいね。

シワのないスーツは仕事ができる人の証拠!プロも実践するシワの取り方

スーツは素材によって特性が異なるため、それぞれに適した方法でシワを取ることが大切です。

まずはスーツの素材とその特徴を見ていきましょう。

スーツの素材を確認!

愛用しているスーツの素材を確認しておきましょう。

スーツを選ぶときの参考にもしてください。

素材の特徴

羊毛(ウール)

吸湿性・発散生・通気生に優れています。
夏用のスーツとして人気がありますがシワになりやすいのでお手入れに注意が必要です。

綿(コットン)

柔らかい素材で吸水性・通気生が良く、肌触りが良いです。
丈夫な生地ですが、シワになりやすく毛玉ができやすいという特徴があります。

麻(リネン)

麻(リネン)

湿性・発散生・通気生に優れています。ですが、それ故にしわになりやすいです。

絹(シルク)

保湿性・保温性・発散生に優れています。
肌触りも良いですが、シワになりやすく、とてもデリケートな繊維です。

ポリエステル ポリエステル

ポリエステル

強度があり、発散生に優れています。
シワや型崩れがしにくいですが、吸湿性が低いので静電気が発生しやすいです。

アクリル

ウールに似た性質を持っている、人工的繊維です。
弾力性があり軽く、シワになりにくいです。

レーヨン ナイロン

レーヨン

吸湿性・放湿生があり、肌触りが良いです。
絹に似せた再生繊維で、熱に強く静電気も発生しにくいですが、洗濯で縮みやすいので注意が必要です。

ナイロン

強度が高く、弾力性があるためシワになりにくいです。
吸湿性が低く、静電気が発生しやすいためホコリを集めやすい特徴があります。

キュプラ

キュプラ

吸湿性・放湿生があり、肌触りが良いです。
絹に似せた再生繊維で、熱に強く静電気も発生しにくいですが、洗濯で縮みやすいので注意が必要です。

またスーツと合わせて着用するネクタイのお手入れ方法はこちらの記事で紹介しています。

自宅で簡単にできるスーツのシワの取り方

スーツは素材によってシワになりやすく、またシワがとれにくいものもあります。

今回はクリーニング屋さんのプロが教える自宅でできるシワの取り方を4つご紹介しますので、実践してみてください。

1.霧吹きとハンガーでスーツのシワを取る

【服に霧吹きでスプレーし、ハンガーにかけて乾かす】

シワになっている部分に霧吹きで軽く水をかけてスーツを湿らせます。

ハンガーにかけて乾かします。

これだけで完了です!

水をかけすぎると色落ちや傷みの原因になるので必ず霧吹きで少しずつ湿らせましょう。

また、スーツは風通しの良い日陰で干すことをおすすめします。

2.浴室でスーツのシワを取る

【浴室に干して、しわを伸ばす】

シャワーやお風呂に入った後、浴室にスーツを15分〜30分程干します。

(※浴室内に湿気が十分ないと、しわが伸び切らないので注意してください。)

その後、風通しの良い場所で陰干ししてください。

乾いたら完了です!

出張先でも活用できるので、お風呂上がりに一工夫してみてください。

3.シワ取りスプレーを使う

【しわ取りスプレーを使う】

スーツのシワになっている部分にシワ取りスプレーをかけます。

シワを手でやさしく伸ばし、ハンガーで干します。

スプレーが乾ききれば、完了です!

シワ取りスプレーはお手入れアイテムとしてかなり優秀なので、一つ持っておくのもおすすめです。

4.スチームアイロンでスーツのシワを取る

【上記の方法でしわがとれない場合、スチームアイロン】

スチームアイロンを使うときには、生地によってアイロンの設定温度が違うため注意しましょう。

  • 綿(コットン)、麻(リネン):180℃〜200℃(高温)
  • 羊毛(ウール):140℃〜160℃(中温)
  • ナイロン、アクリル:110℃〜130℃(低温)

アイロン台の上にスーツを置き、スチームアイロンでシワになっている部分をなでるようにしながらアイロン掛けします。

スチームアイロンはないときには、普通のアイロン+霧吹きでもシワを取ることができます。

スーツはデリケートな素材も多いので当て布があるとベストです。

アイロン掛けの後は、ハンガーにかけて干し、乾いたら完了です!

他の方法よりも少し手間がかかりますが頑固なシワも取ることができるので効率的ですよ。

シワの取り方は覚えてスーツをばっちり着こなそう!

自宅や出張先でも簡単にできるスーツのシワの取り方を紹介しました。

ビシッとしたスーツを着ることで清潔感も出るので、営業マンはぜひ実践してくださいね。

また、スーツはシワがつかないようにたたむことも重要です。

こちらの記事ではシワになりにくいスーツのたたみ方を紹介しています。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!


関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

せんたくのーと