洗わない方がいいは嘘?ジーンズの最適な洗濯頻度とは

ジーンズ デニム 色落ち
洗わない方がいいは嘘?ジーンズの最適な洗濯頻度とは

さまざまなファッションと相性の良いジーンズですが、「ジーンズってみんな洗濯しているの?」「洗わない方が良いって本当?」という声をよく聞きます。

ジーンズの洗濯は色落ちや色移りするイメージもあり、洗濯は悩んでしまいますよね。

今回はジーンズの最適な洗濯の方法と頻度についてご紹介します。

ジーンズの洗濯方法と最適な頻度とは?

ジーンズは洗濯をすると色落ちや色移りをしてしまうため、扱いが難しいですよね。

しかし、洗濯をしないと汚れがたまって、汗や皮脂で生地が痛む原因にもなります。

今回は自宅で洗濯をして、長期間履き続けられる扱い方をご紹介します。

ジーンズの洗濯方法

まずは自宅での、ジーンズの洗濯方法をご紹介します。

1.手洗いする

手洗いする

ジーンズを守るためにもジーンズを洗うときは手洗いすることをおすすめします。

手洗いの場合はゴシゴシ洗わずに、洗剤を溶かした水に浸け置きし、泡が無くなるまですすぎます。

脱水は洗濯機で1分でOKですよ。

2.洗濯機でジーンズだけを洗う

洗濯機でジーンズだけを洗う

ジーンズを洗濯機で洗うときは、他の衣類と一緒にしてはいけません。

ジーンズは色落ちや色移りがしやすいので、他の衣類を守るためにも、ジーンズだけで洗いましょう。

洗濯機でのお洗濯は、洗濯ネットに入れて洗いましょう。

単独で洗うのが面倒なときは、ジーンズを裏返して洗濯しましょう。
色落ちや色移りがしにくくなります。

3.部分洗いをする

部分洗いをする

どうしても色落ちが気になる方は、部分洗いがおすすめです。

部分洗いは、汚れた部分だけを洗うのでジーンズ全体の色落ちは起こりにくくなります。

汚れた部分を洗剤を含ませた布で拭き取り、水拭きするだけなので手間も少ないです。

しかし、汗や皮脂はジーンズ全体につくので、いつも部分洗いだけでは清潔に保てません。

適度に全体を洗うようにしましょう。

4.乾燥機は避ける

4.乾燥機は避ける

ジーンズの素材が綿の場合は、乾燥機を使うと縮んでしまうことがあります。

なるべくジーンズは乾燥機を避け、風通しの良い場所で陰干ししましょう。

またジーンズを干すときは、裾から逆さに干しておくと、重さで自然とシワが伸びて綺麗に仕上げることができます。

ジーンズを干すときに生地を裏返しておくと、早く乾かすことができますよ。

ジーンズの洗濯頻度の豆知識

最適な洗濯頻度

ジーンズの洗濯頻度は人それぞれで、決まりはありません。最適な洗濯頻度

出典:マイナビニュース

マイナビが実施したアンケート調査では週1回、月1回の頻度で洗う人が多いようですね。

汗をかきやすい時期は週1回から月1回は洗濯するのが最適な頻度です。

匂いや汚れが気になったタイミングで洗うようにしましょう。

洗濯頻度によって違いはあるの?

ジーンズは洗濯頻度によって風合いが変わってきます。

色落ちの風合いをファッションとして楽しむのもおすすめですが、ファッションとして色落ちを楽しむ目的でなければ、毎回の洗濯は控えた方がいいでしょう。

週1回の頻度の場合、生地を清潔に保ちジーンズを傷めることも少ないので、長期間履くことができます。

月1回の場合は、シワや色落ちが適度にでき、自然な雰囲気を楽しめます。

ただし、汗や汚れを溜まったまま放置するのはジーンズを傷める原因にもなるので注意しましょう。

最適な洗濯頻度でジーンズを大切に!

最適な頻度でジーンズを洗濯することは、ジーンズを大切にする第一歩です。

正しく扱えば、ジーンズは長期間履くことができます。

お気に入りのジーンズをずっと履き続けるために、しっかりとメンテナンスしてあげてくださいね。

ジーンズの洗い方を詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!


関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

せんたくのーと