清潔に洗って型崩れしない!知っておきたいキャップの正しい洗濯方法

型崩れ 帽子
清潔に洗って型崩れしない!知っておきたいキャップの正しい洗濯方法

カジュアルファッションのワンポイントとして大活躍してくれるキャップはラフにかぶるだけでおしゃれ度がワンランクアップして、気分も上がりますよね。

夏の熱中症対策にも一役買ってくれる、最高なファッションアイテムです。

でもそんなキャップもヘビロテしているうちに、だんだん匂いや汚れが気になってきたりしませんか?

洗って綺麗にしたいけど、型崩れや色落ちが心配…という方も少なくありません。

そこで今回は、自宅でできるキャップの洗い方をご紹介します。

キャップはお手入れが大事!自宅でできる洗濯方法

そもそもキャップって洗っても大丈夫なの?と不安に思っている方も少なくないはず。

結論から言うと、問題なく洗えます

ただ、キャップに限らず帽子は型崩れしやすいので、洗濯機ではなく手洗いが原則です

キャップを洗濯する前に確認!

キャップを洗濯する前に確認!

キャップの型崩れと同様に洗濯するときに気をつけなければいけないのが、色落ちです。

せっかく色が気に入って購入したのに、一度洗ったら変色してしまった…なんて悲しいですよね。

実際にお洗濯を始める前に、まずはキャップのラベルにある洗濯表示を必ず確認してください。

洗濯表示を確認した上で、実際に色落ちしないかどうかを自分の目で確かめます。

以下の手順に沿って確認してみてください。

  1. 白い布に中性洗剤を含ませる。(※古くなったタオルなどでOK)
  2. 白い布で丁寧に生地をたたきながらなじませる。
  3. 白い布に帽子の色が移っていないかどうか確認する。
  4. 色が白い布に移っていなければOK!

このチェックを行って、もし白い布に色が移ってしまった場合は、水洗いは避けたほうが無難です。

手洗いの手順

前述の色落ちテストをパスしたキャップは、手洗いOKです。

以下の手順に沿って洗ってください。

  1. 洗面器にぬるま湯(約30℃)を張る。
  2. ぬるま湯に中性洗剤を入れて溶かす。
  3. 洗面器の中にキャップを入れ、やさしく押し洗いする。(※つばの部分が折れないように注意!)
  4. 洗濯液を捨て、新しいぬるま湯に変えてもう一度押し洗いする。
  5. 残った洗剤を完全に落とすために「4」の工程を数回繰り返す。
  6. 大きめのタオルで帽子を包み、水分をふき取る。
  7. 風通しの良い日陰で平干しする。

キャップを干すときに、ひっくり返した丸いザルにキャップを被せると風通しが良く、乾きも早くなります。

洗濯バサミで吊るすと、跡がついてしまう場合があるので注意してください。

キャップは手洗いがおすすめですが、幼稚園や小学校の赤白帽は洗濯機で洗えるものもあります。
キャップと同じ形の帽子でもすべてが手洗いのみというわけではありませんので、洗濯表示を確認してから手洗いにするか洗濯機にするか決めましょう。

キャップについた部分汚れの落とし方

キャップで一番汚れる箇所は、額や首などの肌が直接触れている内側の部分です。

特に夏場は大量の汗をかきやすく、その汗が帽子に染みて匂いや黄ばみの原因になります。

そういう頑固な汚れを発見した時は全てを洗濯するよりも部分洗いがおすすめです!

「丸洗いするのは面倒だけど部分的な汚れが気になる!」という方は、以下の方法でお手入れしましょう。

軽い部分汚れ

軽い部分汚れ

  1. 中性洗剤をぬるま湯に溶かす。
  2. 洗濯液をタオルにつける。
  3. 汚れが気になる部分をやさしく拭く。
  4. 濡れたタオルで水拭きする。

タオルの代わりに歯ブラシでこすっても◎。

頑固な部分汚れ

頑固な部分汚れ

「染み抜きにはベンジンが最適」と聞いたことはありませんか?

昔から使われているアイテムですが、実はデリケートな生地でも傷ませずに、汚れだけを溶かして落とすことができる優れもの。

頑固な汚れには市販のベンジンを使うのがベストです。

  1. ベンジンをタオルに染み込ませる。
  2. 汚れが気になる部分をタオルで叩くように拭く。
  3. 濡れたタオルでしっかりと水拭きする。

上記の方法で大体の汚れは落とすことができます。

日頃のお手入れはどうしたらいいの?

丸洗いはスッキリして気持ちがいいですが、頻繁に洗うとキャップを傷めることになってしまいます。

洗う回数を減らすためにも、日頃からお手入れをしてあげることが大切です。

ホコリはすぐに落とす

ホコリはすぐに落とす

外出時にキャップを着用した後は、帰宅後に必ずブラシなどで埃を落とすことが大切です。

埃を軽く落とした後は、ガムテープなどでペタペタして表面の汚れを取ってください。

キャップの保管方法

キャップの保管方法

ある程度の汚れを落としきった後は、ファブリーズやリセッシュなどの除菌スプレーをかけて、風通しのいい場所に保管します。

大切なキャップの寿命を少しでも延ばすために、日頃の小さなお手入れを怠らないようにしたいですね。

正しく洗うのもファッションの一部!キャップも洗濯しておしゃれさをキープ!

自宅でできるキャップの洗い方、いかがでしたか。

キャップは形が命なので型崩れしないように気をつけながら洗いましょう。

おしゃれなファッションアイテムなのに、汚れていたり形が崩れていたら、せっかくのコーディネートも台無しですよね。

正しく洗って綺麗に保つのも、大切なファッションの一部です。

せっかく気に入って購入したキャップを少しでも長持ちさせられるように、

正しい洗い方をしっかりマスターしてくださいね。

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!


関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

せんたくのーと