カーペットのシミ抜き方法!洗濯機で洗わなくても良いって本当?

生活雑貨 シミ抜き
カーペットのシミ抜き方法!洗濯機で洗わなくても良いって本当?

カーペットが汚れてしまったらどのように対処しますか?

カーペットは大きい物も多く、一度まるめて洗濯機に入れるのは重労働ですよね。

今回は洗濯機を使わなくてもできるカーペットのシミ抜き方法をご紹介します。

洗濯機を使わなくてもできる!カーペットのシミ抜きの準備をしよう

カーペットのシミ抜きは、汚れの種類によって方法を変えるのがポイントです。

まずはシミの種類について知っておきましょう!

カーペットにつくシミの種類は?

  • 水溶性
  • 油性

汚れの種類は大きく分けて2種類です。

まずは家のカーペットについた汚れがどちらの種類かを確認しましょう!

【水溶性】

【水溶性】

水溶性は水に溶けやすい性質を持った汚れです。

コーヒーやジュース、醤油、汗、アルコールなどが挙げられます。

油分を含んでいないため比較的落としやすくなっています。

【油性】

【油性】

油性は油に溶けやすい性質を持った汚れです。

マヨネーズやケチャップ、カレー、口紅やクレヨンなどが挙げられます。

水になじみにくいため、工夫して落とす必要があります。

カーペットのシミ抜き方法~水溶性の汚れ~

水溶性の汚れの場合は洗剤を使用することで落とすことができます。

準備する物

準備する物

  • 中性洗剤
  • タオルもしくはきれいな雑巾
  • ぬるま湯

水溶性の場合はこれだけでOKです!

牛乳や血液などの汚れはたんぱく質が含まれており熱で固まる性質を持っているので、ぬるま湯を使わず水を使うようにしてください。

手順

  1. 汚れを取り除く
  2. タオルに洗剤をつけてカーペットのシミをたたくように拭く
  3. 水拭きして洗剤を落とす

1.汚れを取り除く

1.汚れを取り除く

カーペットに飲み物をこぼしたばかりであればできるだけタオルで拭き取っておきましょう。

こすってしまうと汚れがカーペットに広がってしまうので押さえるようにしてください。

2.タオルに洗剤をつけてカーペットのシミをたたくように拭く

2.タオルに洗剤をつけてカーペットのシミをたたくように拭く

ぬるま湯に中性洗剤を溶かしたものをタオルに染み込ませ固く絞ります。

そのあとカーペットのシミをたたくように拭きます。

汚れの周囲から中心に向かって汚れを移すようにすると、汚れが広がりにくくなりますよ!

3.水拭きして洗剤を落とす

3.水拭きして洗剤を落とす

ぬるま湯で濡らしたタオルで、洗剤を残さないように拭き取ります。

洗剤がきれいに落ちたら乾いたタオルで拭き取って乾燥させてください。

ドライヤーで乾かすと早く乾きますよ!

洗剤が残ってしまうとシミの原因になるのでしっかり落とすようにしてください。

カーペットの汚れは万能洗剤の”魔法水”でも落とすことができます。

動画で方法を紹介しておりますので、参考にしてください。

カーペットのシミ抜き方法~油性の汚れ~

カーペットの汚れが油性の場合のシミ抜き方法をご紹介します。

準備する物

準備する物

  • ベビーソープ
  • タオルもしくはきれいな雑巾
  • 歯ブラシ
  • ぬるま湯

油性の場合は上記の物を準備しましょう!

ベビーソープは泡で出てくるものを選ぶとカーペットのシミ抜きでも使いやすいのでおすすめです。

手順

  1. ベビーソープを塗る
  2. タオルでたたく
  3. 汚れが残る場合は歯ブラシで汚れを落とす
  4. 汚れと泡がなくなるまで、タオルのきれいな面で繰り返し拭く

1.ベビーソープを塗る

1.ベビーソープを塗る

汚れにベビーソープを適量塗ります。

2.タオルでたたく

2.タオルでたたく

ぬるま湯で絞ったタオルでたたきながらベビーソープを汚れになじませます。

トントンとたたいてシミ抜きをしましょう。

電子レンジでホットタオルを作ってもOKです。火傷に注意してください。

3.汚れが残る場合は歯ブラシで汚れを落とす

3.汚れが残る場合は歯ブラシで汚れを落とす

汚れが残っている場合は、再度ベビーソープを塗って歯ブラシを使ってたたくように汚れを落とします。

4.汚れと泡がなくなるまで、タオルのきれいな面で繰り返し拭く

4.汚れと泡がなくなるまで、タオルのきれいな面で繰り返し拭く

汚れが完全になくなるまで、タオルのきれいな面で繰り返し拭きます。

完了後はしっかりと乾かしましょう。

ベビーソープを使ったカーペットのシミ抜き方法は動画でも紹介しています。

カーペットのシミ抜きは洗濯機を使わずラクラクきれいに!

カーペットの汚れの種類によって落とし方が異なってきますが、水溶性・油性どちらの汚れも簡単に落とすことができるので試してみてくださいね。

洗濯機で丸洗いしなくてもすむ汚れは、シミ抜きで上手に対処しましょう!

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

リナビス