洗濯物に色移りしたときの落とし方6選!知っておきたい復活方法

色移り
洗濯物に色移りしたときの落とし方6選!知っておきたい復活方法

お気に入りの洋服を洗濯したら、他の洋服の色が移ってしまった…!

今回はそんなあなたのために、白いTシャツやブラウスなど、色の薄い洋服に色移りのシミができてしまった時の対処法と、色移りを防ぐ方法をご紹介します。

色移りの対処法6選!白い洋服は復活できる!

白い服とデニムを一緒に洗ってしまい青っぽいシミができた、赤い服の色が移ってピンク色に…。

うっかりで起こってしまう色移りですが、諦めずに対処すれば元通りの白い服が復活しますよ!

1.50℃前後のお湯で洗濯

1.50℃前後のお湯で洗濯

色移りが起こった場合は、50℃前後のお湯で再洗濯してみましょう。

普段は色落ちしてしまうため、お湯で洗濯することは避けますが、その状況を逆手にとった洗濯方法です。

お湯だけで洗うので、洋服本来の色を落とさず色移りした色だけを落とすことができます。

色移りに気が付いたら、早急にお湯でもう一度洗濯してみましょう。

以降は、洗剤を使った洗濯方法をご紹介していますが、洗濯の際に、50℃前後のお湯を使うと、より洗浄力がアップします!

2.いつもより濃いめの洗剤で洗う

2.いつもより濃いめの洗剤で洗う

いつも使う洗剤の規定量の2〜3倍程度の濃度の洗剤で洗濯しましょう。

色移りが起こり染まった部分をキレイに落としてくれます。

洗剤は、中性よりもアルカリ性、液体より粉末のものが、おすすめです。

3.重曹+お酢で洗濯

消臭剤として使う場合

軽度のシミや部分的な色移りの場合は、シミ抜きの要領で色を落としましょう。

本来であれば弱アルカリ性洗剤+酸素系漂白剤の組み合わせで落とすのですが、自宅にある重曹とお酢で代用可能です。

弱アルカリ性+酸性を組み合わせると化学反応が起こり、汚れが落ちやすくなります。

洋服の生地に重曹の成分が残っていると生地が傷んでしまうので、洗濯後はしっかり水ですすぎましょう。

4.オキシクリーンでつけ置き

つけ置き洗いでの使い方

真っ白な洋服に色移りした場合は、オキシクリーン(オキシフレッシュ)を使用してのつけ置きがおすすめです。

方法は、次のとおりです。

  1. バケツなどを準備して、50度前後のお湯+いつもの洗剤(規定量の2〜3倍の濃度)+オキシクリーン(規定量)を入れて、混ぜます。
  2. そこに色移りしてしまった洋服を入れ、30分〜1時間つけ置きします。
  3. いつもどおり洗濯するか、水ですすぎます。

装飾が付いている場合やニットの場合は、傷みや縮みの原因になるためオキシクリーンの使用は避けましょう。

5.ハイターでつけ置き

5.ハイターでつけ置き

頑固な色落ちのシミにはハイターでのつけ置きも有効です。

方法は、次のとおりです。

  1. バケツなどを準備して、水+ハイター(規定量)を入れて、混ぜます。
  2. そこに色移りしてしまった洋服を入れ、30分つけ置きします。
  3. 水でよくすすぎます。

ハイターは塩素系漂白剤のため下の条件に合う場合のみ、使用が可能です。

  • 元の色が白物の衣類
  • 素材が、麻・綿・ポリエステル・アクリルである。

上記以外の洋服にハイターを使うと、元の服の柄や色も落ちたり、素材が傷んでしまいます。

皮膚が弱い方は、ゴム手袋をつけるか、手についたらすぐにすすぎましょう。

6.クリーニングに持っていく

6.クリーニングに持っていく

自分で対処するのが難しい場合は、クリーニング屋さんに持って行きましょう。

色移りした衣類を無理やり洗濯すると生地を傷める原因にもなります。

大切な衣類に色移りしてしまった場合は、クリーニング店に相談してみるのがおすすめです。

後悔する前にやっておきたい!色移りを防ぐ方法

過去の過ちは繰り返さない!

もう後悔しないために、色移りを防ぐ方法もご紹介します。

今回は、洗濯ネットや色移り防止シートなどを使わずに、簡単にできる方法をピックアップしました。

1.洗濯の水温は40℃以下で

1.洗濯の水温は40℃以下で

水温を40℃以下にすることで、洋服の染料が落ちることを防ぎます。

高温の方が汚れ落ちが良いですが、色を守るには水洗いが一番です。

お風呂の残り湯を洗濯に使う方は、お湯が40℃以下になってから洗濯しましょう。

3.色物と白物は分けて洗濯する

3.色物と白物は分けて洗濯する

色落ちしやすい洋服や初めて洗濯する色の濃い洋服は一度単独で洗濯してみるのがおすすめです。

また、次のような場合は分けて洗濯することをおすすめします。

  • 白い洋服と、色物の洋服
  • 買ったばかりの洋服と、その他の洋服

素材が綿・麻・シルク色の洋服や、色の濃い洋服・外国製の洋服は、着る前に最低1回はお洗濯しておくのが望ましいでしょう。

バッグやアウターへの色移りを防ぐことができますよ。

3.洗濯後はすぐに干す

3.洗濯後はすぐに干す

洗濯した後の洗濯物の放置は大変危険です。

濡れたままの状態で他の洋服と密着することで、他の洋服の染料が移ってしまいます。

洗濯後は面倒くさがらず、なるべく早めに干しましょう。

これでもう色移りは怖くない!

洗濯による色移りはまずは起こらないように予防することが大切です。

また、色移りのシミは早めに対処すれば落とすことができるので慌てず対処しましょう。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!


関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

せんたくのーと