簡単工夫で汚れにくく!誰でもできるコンバースの洗い方

コンバース スニーカー
簡単工夫で汚れにくく!誰でもできるコンバースの洗い方

コンバースはカジュアルな服装に合わせやすくて可愛いけど、キャンバス素材で汚れやすいのが困り物ですよね。

そんなおしゃれの鉄板アイテム、コンバースのスニーカーの洗い方をご紹介します!

自宅で簡単にできる!コンバースの洗い方と注意点まとめ

コンバースは本体がキャンバス地、つま先やソール部分にはラバーが使われているので自宅でのお手入れが可能です。

キャンバス地のスニーカーはブラシでゴシゴシこすってしまうとブラシの摩擦によって表面が削られ、傷がついてしまうのはご存知でしたか?

ご紹介する方法を参考に正しく洗って、コンバースをおしゃれに履きこなしましょう。

つけ置きが正解!コンバースの洗い方

コンバースはつけ置きで洗うと汚れもラクラク落とすことができます。

用意するもの

用意するもの

  • 洗濯洗剤(洗浄力の高い粉末が望ましい)
  • 洗浄ブラシまたは歯ブラシ
  • 洗い桶かバケツ(洗面台でも可)
  • メラミンスポンジ
  • 不要になったタオル

コンバース洗い方手順

コンバース洗い方手順

  1. コンバースの靴紐とインソールをはずす
  2. 洗い桶にぬるま湯(40℃程度)を入れて洗濯洗剤をよく溶かす
  3. コンバースを30分ほど浸け置きする
  4. 靴底や目立つ汚れをブラシで落としていく
  5. つま先などのラバー部分は水を含ませたメラミンスポンジでこする
  6. 全体的に汚れが落ちたらしっかり洗剤と汚れを洗い流す
  7. タオルで水気をとり陰干しでしっかり乾かす

靴紐はスニーカー本体の色移りを防ぐためにも必ずはずしてからつけ置きをしましょう。

靴紐は洗剤でもみ洗いしてブラシや歯ブラシでやさしくこすってあげると黒ずみが落とせます。

もし色落ちの心配がない場合は靴紐も一緒に浸け置きしてください。

インソールの汚れやにおいが気になるときは中性洗剤をつけて歯ブラシで洗うとキレイになりますよ。

つけ置きは洗濯洗剤以外にも酸素系漂白剤やオキシクリーンを使う方法もおすすめです。

コンバースのお手入れの3つの注意点

コンバースのようにキャンバス地のスニーカーをお手入れするときの注意点をいくつかご紹介します。

洗濯機で脱水をしない

洗濯機で脱水をしない

脱水は型崩れの原因になるので、洗浄後のスニーカーは不要になったタオルでやさしく水分を拭き取りましょう。

どうしても洗濯機で脱水をする場合は1~2分程度にしてくださいね。

干す場所は日陰で

干す場所は日陰で

キャンバス地の生地を乾かすときには、直射日光が当たらないように干してください。

紫外線による色あせやラバー部分の変色を防ぐことができます。

風通しの良い日陰がベストです。

定期的に洗う

定期的に洗う

汚れは蓄積する程落としづらくなるため、定期的に洗いましょう。

ただし、頻繁に洗いすぎるとキャンバス地が傷む原因にもなるので、1ヶ月〜2ヶ月に1回程度のペースが望ましいです。

コンバースは事前に汚れを防ぐことが大切

コンバースは事前に汚れを防ぐことが大切

スニーカーは履いたら大なり小なり汚れるのが当たり前。

どうせ汚れるならその汚れは最小限に抑えたいですよね。

キレイに洗ってもすぐに汚れてしまうと残念ですし、何度も繰り返し洗うと逆に生地を傷めてしまいます。

そこでなるべくコンバースのスニーカーをキレイに保つためにおすすめなのが、洗浄してキレイに乾かした後に撥水・防水スプレーをかけておくことです。

スプレーをかけることで、多少の雨なら水をはじいてくれますし、汚れも付きにくくなります。

ラバー部分は汚れたらこまめにメラミンスポンジでこするのも習慣づけるといいですね。

持ち運びに便利な靴用の汚れ落とし消しゴムもおすすめですよ。

コンバースの洗い方は簡単!マスターしておしゃれ上手に。

コンバースの洗い方は至ってシンプルで自宅でも簡単に実践できます。

おしゃれなスニーカーを履いていても汚れが目立っていたら台無しですよ。

まずは、汚れないように工夫して、汚れた場合はすぐにお手入れする習慣をつけておきましょう。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!


関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

せんたくのーと