つけ置き洗剤の効果を比較!オキシクリーンとリネンナを比べてみた!

つけ置き洗剤の効果を比較!オキシクリーンとリネンナを比べてみた!

今回は口コミも高評価の人気の2つの洗剤を比較しました。

オキシ漬けでおなじみの”オキシクリーン”と、女性に優しいつけ置き用洗剤”リネンナ”では、汚れの落ち方に違いはあるのでしょうか?

せんたくのーと編集部が実際につけ置きで比較を行ったので、購入前にぜひチェックしてみてくださいね。

オキシクリーンVSリネンナ!どっちが落ちる?つけ置きで比較してみた!

黄ばみや血液汚れなど厄介な汚れも落とすことができるオキシクリーンとリネンナ。

今回はつけ置きで2つを比較しました。

買おうか迷っているけど使いこなせるか心配な人や、汚れは本当に落ちるの?と思っている人は参考にしてみてください!

オキシクリーンってどんな洗剤?

オキシクリーンってどんな洗剤?

オキシクリーンはアメリカ発の洗剤で、洗濯はもちろんお風呂掃除やキッチン周りなど様々な場所で使用できます。

酸素系の粉洗剤で、衣類を傷めず色柄物にも使用することができます。

オキシ漬けはSNSでも話題で、どんな汚れもつけ置きで落とせることで人気です。

リネンナってどんな洗剤?

リネンナってどんな洗剤?

リネンナは血液や汗ジミなどを落とすつけ置き専用洗剤です。

つけ置きした後、洗濯機に入れるだけで汚れを落とすことができるので揉み洗い要らずでめんどうな洗濯を楽にすることができます。

検証方法

綿素材のTシャツにしょう油の汚れをつけ、オキシクリーンとリネンナでそれぞれつけ置きします。

しょう油の汚れはしっかり染み込むまで待ってからつけ置きして効果を検証しました。

今回は以下の3点を比較します。

  1. 洗浄力
  2. 使いやすさ
  3. コスパ

【比較の状況】

汚れの種類 しょう油
つけ置き時間 20分
つけ置きの温度 40℃
仕上げの洗濯 通常コース

・オキシクリーンでつけ置き

40℃のぬるま湯2リットルに付属のスプーン1/2杯を入れてよく溶かし、20分つけ置きしました。

その後、揉み洗いなどはせず洗濯機の通常コースで洗います。

・リネンナでつけ置き

リネンナでつけ置き

40℃のぬるま湯2リットルに付属のスプーン1杯を入れてよく溶かし、20分つけ置きしました。

その後、揉み洗いなどはせず洗濯機の通常コースで洗います。

検証結果

1.洗浄力

2.使いやすさ

オキシクリーンもリネンナもしょう油の汚れはスッキリ落とすことができました。

頑固なしょう油汚れですがシミも残らず真っ白です。

臭いも気になりませんでした。

仕上がりを比較すると、オキシクリーンでつけ置きした方がより白さが際立っています。

2.使いやすさ

2.使いやすさ

どちらも付属のスプーンがあり、洗剤を入れてつけ置きするだけなので簡単!

揉み洗いしなくても汚れが落ちるのでかなり使いやすかったです。

汚れ落ちのスピードはオキシクリーンの方が早いような感じだったので、急ぎの場合はオキシクリーンがおすすめかもしれません!

リネンナの入れ物が紙製の箱なので、ランドリールームでの水濡れが少し心配です。

3.コスパ

オキシクリーン 1500グラム 約1400円
リネンナ 1000グラム 3500円

コスパではオキシクリーンが圧倒的でした。

一回の洗濯やつけ置きで必要な量はスプーン1杯(約30グラム)なので、1400円で50回程使用できます。

対してリネンナは割高ですが、パッケージのおしゃれさや赤ちゃん用の衣類にも使用できることも考えると、適材適所で活躍しそうです。

まとめ

今回はオキシクリーンとリネンナをつけ置きで比較しました。

どちらもしっかりと汚れを落とすことができますが、値段に差があるので、日常使いはオキシクリーン、ギフトや特別な衣類にはリネンナというような使い分けがおすすめです。

リネンナはパッケージがおしゃれでせんたくのーとの女性スタッフからの人気も高く、結婚や出産のギフトにも使用できるので気になる人はぜひチェックしてみてくださいね!

created by Rinker
OXICLEAN(オキシクリーン)
¥1,000 (2019/11/11 18:00:32時点 Amazon調べ-詳細)

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!


関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

せんたくのーと