レンタル袴は汚しても洗っちゃダメ!袴クリーニングの5つの注意点

和服
レンタル袴は汚しても洗っちゃダメ!袴クリーニングの5つの注意点

レンタル袴お出かけや撮影をしていたらお子様がうっかり汚れしてしまった!

そんなときはちょっと待ってください!

実は勝手にクリーニングをしてはいけない場合もあります。

レンタル袴を汚してしまったときの対処法とクリーニングする際の注意点をご紹介します。

慌てないで!レンタル袴をクリーニングに出す前に確認したい5つの注意点

レンタル袴を汚してしまったら汚れを落としてキレイにしてから返すのが必ずしも正解とは言えません。

クリーニングに出す前には、次の5つの注意点を確認してください。

1.袴をレンタルしたお店に確認する

1.袴をレンタルしたお店に確認する

レンタル袴の場合、勝手にクリーニングに出すのがNGなときもあります。

軽い食べこぼしやちょっとした汚れをつけたときの袴のクリーニングは、その店舗で引き受けてくれる場合が多いので必ず確認するようにしましょう。

また、袴のレンタル料にクリーニング代が含まれている場合があるので、契約時の書類やクリーニングの取扱い方法を見直すようにしてください。

分からない場合は袴をレンタルした店舗に問い合わせるのが一番です。

2.水で洗わない

2.水で洗わない

先ほどと同様にレンタル袴の場合、袴を勝手に水で洗うことをNGとしている場合があります。

水で洗うことで袴の生地を傷めてしまい、逆に高額なクリーニング代金を強いられる可能性があるので注意してください。

食べこぼしなどの対処法としては、水を含ませて固く絞ったハンカチなどを準備し、乾いた清潔な布を汚れの下にあてて優しく吸い取るようにしてください。

油脂の汚れの場合は、手をつけずに、店舗のスタッフや専門家に相談するようにしましょう。

3.こすらない

3.こすらない

汚れがついてしまったら慌ててすぐに汚れを取ろうとしてしまいますよね。

しかし、こすってしまうとシミの範囲を広げてしまったり、袴生地の繊維の奥に汚れを押し込んだりと、余計に汚れが取れにくくなってしまいます。

もし汚れがついてしまった場合は決してこすらず、ハンカチで軽く押さえる程度にとどめておきましょう。

泥などがついた場合は、袴の生地の繊維に押し込んでしまわないように、乾いてから落とすようにするのがおすすめです。

4.一般のクリーニング店には頼まない

4.一般のクリーニング店には頼まない

袴などのクリーニングや補修を行う際は特殊な技術を要します。

そのため一般のクリーニング店に頼んでしまうと、適応した技術がなく、かえって汚れが取れにくくなってしまう場合があります。

もし自身でのクリーニングが必要な場合は、着物や袴などを取り扱う専門のクリーニング店に持って行き、余計な費用がかさまないようにしましょう。

5.汚れたときの写真を撮る

5.汚れたときの写真を撮る

証拠写真として汚してしまった箇所を写真に収めておきましょう。

どの部分をどのように汚してしまったのか、クリーニングをする際に聞かれる可能性もあるので、そのときのために証拠を残しておきましょう。

また、レンタルの袴であれば、実際に自分たちが汚した部分の他にも汚れが付着してシミになっている箇所があるかもしれません。

関係ないクリーニング代が発生しないように注意しておきましょう。

袴のクリーニングをする際は注意点をしっかり把握しよう

レンタル袴をクリーニングする際には、ご紹介した注意点をしっかり押さえておくのがおすすめです。

クリーニングで逆に高額な請求や袴を傷めることにならないよう注意しましょう。

通常の洗濯時に役立つシミ抜きは以下の記事でご紹介していますので、子供の衣類などシミが気になる方は参考にしてください。

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!


関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

せんたくのーと