色落ち・型崩れを防ぐならコレ!お家でできるGジャンの洗濯方法

デニム 色落ち
色落ち・型崩れを防ぐならコレ!お家でできるGジャンの洗濯方法

Gジャンは、春や秋のおでかけコーデのマストアイテム。

肌寒い時にちょっと羽織るだけでオシャレ度がグンとアップするので、ヘビロテしている人も多いのではないでしょうか。

でもそんなGジャン、きちんと洗えていますか?

アウターは意外と汚れやすいので、綺麗に着こなすためには定期的な洗濯が欠かせません。

実はGジャンは自宅でも意外と簡単にお手入れできるんですよ!

今回はGジャンの自宅での洗濯方法をご紹介します。

Gジャンの洗濯を自宅で!洗う前のチェック項目

Gジャンの洗濯で心配なのが、色落ちです。

せっかくのインディゴカラーが洗濯で色落ちしてしまっては、テンションも下がってしまいます。

実はデニム生地の洗い方には諸説あり、中にはそもそも洗わない方がいいという意見もあります。

でも外出時に着用するのが基本となるアウターは、洗わないまま放置してしまうとどんどん劣化が進んでしまいます。

お気に入りの色味や着心地をキープするためには、定期的なお手入れが不可欠なんです。

洗濯表示をチェック

洗濯表示をチェック

洗濯機で洗えるか、もしくは手洗いで洗えるか、洗濯表示をしっかり確認しましょう。

自宅で洗えないGジャンは、クリーニングへ出す必要があります。

よほどのヴィンテージ物でない限りは自宅で洗える場合がほとんどですが、万が一を考えて、チェックは欠かさないようにしてくださいね。

使用する洗剤をチェック

使用する洗剤をチェック

刺激の少ないおしゃれ着用洗剤を使いましょう。

デニムジャケットの色落ちを防いでくれます。

また、漂白効果のある洗剤は色落ちの原因になるので使用を避けましょう。

汚れをチェック

汚れをチェック

目立った汚れやシミは、事前に部分的に落としておく必要があります。

部分的におしゃれ着用洗剤を塗布して、歯ブラシやタオルなどでやさしくこすって落としましょう。

濡れた状態のデニム生地を強くこすると色落ちの原因にもなりますので注意してください。

色落ちをチェック

色落ちをチェック

Gジャンは物によっては色落ちが激しい場合があります。

特に濃いインディゴのGジャンは注意が必要です。

白い布に中性洗剤を含ませ、その布でGジャンの生地の目立たない部分を選び、ポンポンとたたいてみましょう。

白い布にGジャンの色が移らなければOKです!

すこし移るくらいなら問題ありませんが、割としっかり色移りしてしまった場合は、クリーニング店にお任せすることをおすすめします。

Gジャンは、特に1回目の洗濯では、色落ちする場合が多いです。もし上記の色落ちテストをパスしていたとしても、念のために他の衣類(特に白や淡い色味のもの)とは分けて洗いましょう。

Gジャンを洗おう!色落ちを防ぐ洗濯方法

Gジャンの洗濯ってなかなか難しそうなイメージですよね。

でも実は意外とシンプル。

前述のチェックを必ず実施して、あとはポイントさえ押さえればOKです。

Gジャンの洗濯方法〜洗濯機〜

Gジャンの洗濯方法〜洗濯機〜

Gジャンは洗濯機で洗えます。

以下の手順に沿って洗濯してください。

用意するもの

  • おしゃれ着用洗剤
  • 洗濯ネット(大きめサイズ)
  • タオル

洗濯機で洗う手順

  1. Gジャンを裏返してたたむ
  2. 洗濯ネットにGジャンを入れる
  3. おしゃれ着用洗剤を入れる
  4. ドライコース(ソフトコース)で洗う
  5. 脱水する
  6. 形を整えて、風通しのいい日陰で干す

急いでいて早く乾かしたい場合でも、生地の劣化につながるので、洗濯乾燥機の使用は絶対にやめましょう。

Gジャンは必ず裏返してからネットに入れましょう。汗や皮脂はGジャンの内側についているので、汚れが落ちやすくなります。また、裏返すことによって色落ちも防ぐことができます。

Gジャンの洗濯方法〜手洗い〜

Gジャンの洗濯方法〜手洗い〜

Gジャンを絶対に傷めたくない!という人には手洗いもおすすめです。

以下の手順に沿って、やさしく丁寧に洗いましょう。

用意するもの

  • たらいや洗面器(Gジャンが入るサイズの洗面器がない場合は、洗面台に栓をしてお湯を溜めても◎)
  • おしゃれ着用洗剤

手洗いの手順

  1. 洗面器にぬるま湯(約30℃)を入れて、おしゃれ着用洗剤を溶かす
  2. Gジャンを裏返してたたむ
  3. 洗面器にGジャンを入れる
  4. 上からやさしく押し洗いする
  5. 洗い終わったら、洗剤の成分がなくなるまで新しい水でしっかりすすぐ
  6. 洗濯機で脱水する
  7. 形を整えて、風通しのいい日陰で干す

Gジャンを干す時のコツ

Gジャンを干す時のコツ

Gジャンの洗濯は、きちんと干して乾かすまでが勝負です。

最後まで気を抜かずにきちんと乾かすことが、綺麗なGジャンを保つ秘訣ですよ。

脱水が終わったらすぐに干す

洗濯機での脱水が終わったら、放置などせず、すぐに干すことを心がけましょう。

濡れたまま放置してしまうと、色落ちや型崩れを起こしてしまいます。

陰干しする

Gジャンは必ず陰干ししましょう。

生地が厚くて乾きにくいからといって、天日干しは絶対にNGです。

色落ちや型崩れの原因になってしまう可能性があるので、十分に注意しましょう。

ハンガーにかける

まず両手で持って、パンパンと強めに振りさばいてください。

これである程度シワが伸びます。

充分にシワを伸ばしたら、Gジャンの肩幅に合った大きさのハンガーにかけて干してください。

すこし厚みのあるハンガーだと、なお良しです。

形に合ったハンガーにかけて干すことで、型崩れを防ぐことができます。

大切なGジャンをしっかり洗って、長く愛用しよう

今回は自宅でできるGジャンの洗濯方法をご紹介しました。

いくつかのポイントさえ押さえれば、誰でも簡単に洗濯することができますよ。

外出時に着るアウターは、特に汚れやホコリが溜まりやすいもの。

ワンシーズンに一回はしっかり洗うことをおすすめします。

定期的に洗って綺麗な状態を保てるように、今回ご紹介した洗濯方法をしっかりとマスターしてくださいね。

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

リナビス