美人が実践しているメイクスポンジの洗い方!正しく洗って肌荒れを防ぐ

生活雑貨
美人が実践しているメイクスポンジの洗い方!正しく洗って肌荒れを防ぐ

ベースメイクの仕上がりを左右するメイクスポンジは肌に直接触れるものなので、いつもキレイな状態のものを使いたいですよね。

でも気がつくと全ての面が汚れていたり、触った感触もザラザラ…なんてことありませんか?

汚れたスポンジをそのまま使っていると、ニキビやくすみなど様々なトラブルを引き起こしてしまいます!

でもブランド物のメイクスポンジだったりすると、なかなか気軽には捨てられないもの。

今回はそんなメイクスポンジを何度も繰り返し使うための、正しい洗い方をご紹介します。

メイクスポンジはキレイに保つのが美肌の秘訣!定期的にお手入れしよう

メイクスポンジは使い捨て派の人も多いのですが、使い心地がいい化粧品ブランドのものだったりすると、少しでも長く使いたいのが本音ですよね。

そんなメイクスポンジも正しいメンテナンスさえしてあげれば、意外と長持ちさせることができるんです。

メイクスポンジの汚れの原因

メイクスポンジの汚れの原因

メイクスポンジの汚れの原因は主に以下の2つです。

  • 化粧品の色素(下地やファンデーションなど)
  • 顔の皮脂

これらのものが付着したメイクスポンジをそのままを繰り返し使い続けてしまうと、ニキビや肌荒れ、シミやくすみの原因になってしまいます。

「繰り返し使いたいなら、しっかり洗う!」が鉄則ですよ。

メイクスポンジを洗う頻度

メイクスポンジを洗う頻度

メイクスポンジはパフやブラシと違って、四角いものやダイヤ型のものなど、ファンデーションや下地を乗せられる面が多いのが特徴。

使用する新しい面がなくなったときが、メイクスポンジを洗うベストタイミングです。

メイクスポンジの形にもよりますが、だいたい週に1回くらいが目安です。

しっかり洗ってリユース!メイクスポンジの洗い方

メイクスポンジは基本的にベースメイクに使用するものなので、肌触りの良さはマストです。

顔はとても皮膚が薄くてデリケートな部分なので、ちょっとの刺激が肌荒れの原因になってしまうこともあります。

肌に与えるダメージを少しでも軽減するために、いつでもキレイな状態のメイクスポンジを使いましょう。

メイクスポンジの洗い方

メイクスポンジの洗い方

用意するもの

  • たらいや洗面器
  • タオル
  • 中性の食器用洗剤

洗い方の手順

  1. 洗面器にぬるま湯(約30℃)を入れて、中性洗剤を溶かす
  2. 「1」で作った洗浄液の中にメイクスポンジを入れる
  3. 優しく揉むように洗う(※ゴシゴシ強い力でこするのは絶対にNG!)
  4. 洗浄液の色が濁らなくなるまで、「1〜3」の工程を繰り返す
  5. 綺麗な水でしっかりとすすぐ
  6. タオルでポンポンと挟むようにして水気を拭き取る
  7. 風通しの良い日陰で干す

すすぎ時には洗剤の成分が残らないように、しっかりとすすぎましょう。
洗剤の成分が残ったままだと、次に使用するときに肌にダメージを与えてしまいます。

こんなものでも洗える!

こんなものでも洗える!

メイクスポンジは食器用の中性洗剤以外にも、以下のもので洗うことができます。

一番身近にあるものを選んで洗ってみてくださいね。

クレンジング剤

メイクを落とすときの必需品であるクレンジング剤も、メイクスポンジを洗うのに効果的。

そもそもメイクを落とす目的で作られているものなので、化粧品に含まれている成分を落とす力が強いんです。

おしゃれ着用洗剤

お気に入りの洋服などを洗濯するときに使う、おしゃれ着用洗剤もおすすめです。

おしゃれ着用洗剤は「中性」で、添加物が少なくお肌に優しいのが特徴。

他の衣類のお洗濯にも使えるものなので、コスパもいいですよ!

専用クリーナー

お肌が弱い人におすすめなのが、メイクスポンジ専用のクリーナーを使うこと。

専用クリーナーならスポンジに負担をかけずにスムーズに汚れを落とすことができます。

また抗菌効果のあるものも多いので、雑菌残りなどの心配もナシです。

最近はダイソーなどの100円ショップでも購入することができるので、あまりコストをかけたくない場合も安心ですよ。

メイクスポンジの乾かし方

メイクスポンジの乾かし方

メイクスポンジはとても柔らかいもの。

洗濯バサミで直接挟んでしまうと、変形してしまう可能性があります。

タオルの上にのせたり、洗濯ネットに入れて吊るして干すのが◎。

乾かすときは風通しの良い日陰でしっかり乾燥させてください。直射日光に当てるとメイクスポンジの劣化が早まってしまうので要注意です。

メイクスポンジの寿命

メイクスポンジの寿命

何度か洗って繰り返し使うことのできるメイクスポンジですが、やはり基本的には消耗品です。

質感が固くなったり、弾力がなくなると下地やファンデーションもうまく付かなくなってきます。

質感が変わってきたな、と感じたら替え時の合図です。

スポンジにもよりますが、大体は3~4回洗ったら交換するようにしましょうね。

常に何枚か予備のスポンジを用意しておくと、ストレスなくメイクができますよ。

洗い方を覚えてメイクスポンジをキレイに!肌荒れとさよならしよう!

今回はメイクスポンジの正しいお手入れ方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

メイクスポンジは正しく洗うことで、繰り返し使うことができます。

でも基本的には消耗品なので、捨て時をしっかりと見極めることも大切です。

そのことをきちんと頭に入れて、少しでも長く使えるように定期的なケアをしましょうね。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

リナビス