薄手も正しく洗えば安心!カーディガンがよれよれにならない洗濯方法

カーディガン 特集 衣類の種類から探す
薄手も正しく洗えば安心!カーディガンがよれよれにならない洗濯方法

春や秋のちょっと肌寒い時期のお出かけや、夏の冷房対策に役立つカーディガン

でもお気に入りのカーディガンを洗濯したら、よれよれになってしまってガッカリ…なんて経験ありませんか?

実はカーディガンは物によって様々な素材で作られていて、それによって洗濯方法を変える必要があります。

ちょっと洗い方を間違うだけで、二度と着ることができなくなってしまうことも…。

そんな悲しい事態にならないためにも、今一度洗濯方法を見直してみましょう!

今回は自宅できるカーディガンの正しい洗濯方法をご紹介します。

洗う前にまず確認!よれよれを防ぐカーディガンを洗う際の注意点

カーディガンは素材によって洗濯方法が異なるため、洗う前には必ず取り扱い表示を確認しましょう。

基本的には手洗い表示に×マークがついていなければ、自宅で洗濯することが可能です。

素材別おすすめの洗濯方法

水洗い可能、洗濯機可能というカーディガンも登場していますので、クリーニングに出すのが面倒な人はそういった商品を見つけるのもおすすめです。

自宅で洗濯OKの素材

●自宅で洗濯OKの素材

【○】

  • アクリル
  • ウール
  • 綿
  • ポリエステル

一般的に売られているほとんどのカーディガンが、上記の素材で作られています。

普通のカーディガンなら、ほとんどが問題なく自宅でお洗濯できるということです。

自宅で洗濯NGの素材

●自宅で洗濯NGの素材

【×】

  • レーヨン
  • テンセル
  • シルク
  • キュプラ

上記の素材のカーディガンは自宅では洗濯せずに、クリーニングへ出すことをおすすめします。

100%の使用ではなくても、上記の素材が少しでも入っているカーディガンは自宅でのお洗濯は避けてくださいね。

カーディガンを洗う時の3つのポイント

カーディガンがよれよれになってしまうのを防ぐためにも、洗う前に以下の3つのポイントに注意してください。

1.おしゃれ着用洗剤を使う

1.おしゃれ着用洗剤を使う

おしゃれ着用の中性洗剤を使うのがおすすめです。

普段使っている洗濯洗剤で洗うと、刺激が強すぎてカーディガンが縮んでしまうことがあります。

2.もみ洗いしない

2.もみ洗いしない

特にウール素材のカーディガンは絶対にもみ洗いしないようにしましょう

生地が縮んで、よれよれになってしまう危険性があります。

手洗いをする際も絶対に揉み洗いしないで、やさしく押すようにして洗ってくださいね。

3.熱いお湯で洗わない

熱いお湯で洗うと繊維が絡まってしまい、生地が傷む原因になります。

30度以下のにぬるま湯、もしくは水を使って洗いましょう。

自宅でできる!カーディガンの正しい洗濯方法

カーディガンのおすすめの洗濯方法は手洗いですが、いくつかの点に気をつければ、洗濯機でも洗えます。

2パターンの洗い方をご紹介しますので、いずれも手順に沿って、正しく洗ってくださいね。

手洗いの手順

前処理

前処理

  • ひどい汚れがある場合は、その箇所だけ先に部分洗いしておく。
  • カーディガンはたたんでおく。
    ※前ボタンを閉めておくと、型崩れを防ぐことができます。

用意するもの

用意するもの

  • たらいや洗面器
  • おしゃれ着用中性洗剤
  • バスタオル

手洗いの手順

手洗いの手順

  1. 洗面器にぬるま湯(30℃以下)か水を入れて、おしゃれ着用洗剤を溶かす。
  2. カーディガンを洗面器に入れる。
  3. 20回ほどやさしく押し洗いする。
  4. 新しい水でしっかりとすすぐ。
  5. 洗剤の成分がなくなるまで「3〜4」の工程を繰り返す。
  6. タオルに挟んでポンポンと叩くようにして脱水する。
  7. 陰干しする。

すすぎの時に水を変えますが、この時新しい水の温度は、洗剤を入れた時の水(orぬるま湯)と同じ温度になるようにしましょう
水の温度が急に変わってしまうと、生地が縮んでしまう可能性があるので注意してくださいね。

洗濯機で洗う手順

前処理

前処理

  • ひどい汚れがある場合は、その箇所だけ先に部分洗いしておく。
  • 洗濯ネットの大きさに合わせて、カーディガンをたたむ。

用意するもの

用意するもの

  • おしゃれ着用中性洗剤
  • 洗濯ネット

洗濯機で洗う手順

洗濯機で洗う手順

  1. カーディガンをネットに入れる。
  2. 洗濯機の中に入れて、「ドライコース(手洗いコース)」を選択する。
  3. おしゃれ着用洗剤を投入する。
  4. 洗濯スタート!
  5. 洗濯が終わったら脱水する。
  6. 脱水が完了したら陰干しする。

脱水の時間はかなり短め(1分以下)に設定しましょう。あまり長く脱水してしまうと、型崩れしてよれよれになってしまう可能性があるので、要注意です。

干し方のアドバイス

干し方のアドバイス

手洗いと洗濯機、どちらの方法でも必ず陰干ししてくださいね

直射日光を当てることによって、型崩れや色落ちが起きてしまいます。

またカーディガンは伸び縮みしやすいので、干し方も重要なポイント。

ハンガーはなるべく使わずに、カーディガンを横に広げて干す「平干し」がおすすめです。

平らな場所に広げて干すのが手軽ですが、もし手に入るなら平干し用ネットなどの専用アイテムを活用しても◎。

カーディガンを洗う頻度

いくら自宅で洗濯できると言っても、洗濯のしすぎはカーディガンをすぐダメにしてしまいます。

目安としては5回着たら1度洗うくらいの頻度がベスト。

もし部分的にひどく汚れてしまった場合は、その汚れた箇所だけを手洗いするようにすればOKです。

正しいお洗濯で、カーディガンを長持ちさせよう

カーディガンの自宅での洗濯方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

一年を通して着る機会が多いアイテムなので、せっかくならお気に入りの一枚を長く大切に着たいですよね。

一回一回のお洗濯を丁寧にすることが、カーディガンの寿命を伸ばす最大の秘訣です。

正しい洗濯の仕方をしっかりとマスターして、次のお洗濯から是非実践してみてくださいね。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事