ロンシャンは洗濯しても良いの?自宅での正しいお手入れ方法!

カバン ロンシャン
ロンシャンは洗濯しても良いの?自宅での正しいお手入れ方法!

ロンシャンのル・プリアージュはサイズも豊富で、軽くて、水に強い!と三拍子揃っていて、マザーズバッグや旅行バッグとして使うのにぴったりです。

会社員からママさんたちまで幅広く人気ですが、すこし汚れやすいのが難点。

でも実は意外と簡単にお手入れができるんです!

今回は自宅でできるロンシャンの洗い方をご紹介します。

ロンシャンは自宅で洗濯しても良い?正しいお手入れ方法

ロンシャンの「ル・プリアージュ」は特に有名で人気なシリーズ。

軽くて持ち運びやすいので、毎日ヘビロテしている人も多いのではないでしょうか?

でも毎日持ち歩くと、それだけ汚れが付きやすくなってしまうもの。

そんな時に「自宅でバッグを洗えたら楽だなぁ」なんて思ったりしますよね。

一見洗いにくそうにも見えますが、ロンシャンの本体部分はナイロンでできているので、コツさえ押さえてしまえば自宅でも簡単に洗うことができるんです。

ロンシャンの丸洗い方法

ロンシャンの丸洗い方法

ロンシャンは持ち手の部分などに革が使用されているので、洗濯機では洗えません。

革部分を濡らさないように十分注意しながら、やさしく手洗いで洗っていきます。

用意するもの

  • たらいや洗面器
  • おしゃれ着用洗剤
  • ラップ
  • メラミンスポンジ
  • タオル

手洗いの手順

  1. 革の部分にラップを巻いて保護する。
  2. 洗面器にぬるま湯(約30℃)を入れて、おしゃれ着用洗剤を溶かす。
  3. ロンシャンを洗面器に入れる。
    ※この時、ラップで包んだ部分がなるべく水に触れないように注意する。
  4. やさしくもみ洗いする。
  5. 本体部分を裏返して、裏側も同じようにもみ洗いする。
  6. 汚れがひどい部分は、メラミンスポンジでこする。
  7. 新しい水で両面をしっかりとすすぐ。
  8. タオルに挟んでポンポンと叩くようにして脱水する。
  9. 室内干しする。

ロンシャンの部分洗い方法

ロンシャンの部分洗い方法

丸洗いするほどではないけど、汚れを部分的に取り除きたい…。

そんな時は、部分洗いもできます。

ペンのシミや、赤ちゃんのマグの中身が漏れてできたシミなど、一箇所に集中している汚れにおすすめです。

用意するもの

  • たらいや洗面器
  • おしゃれ着用洗剤
  • タオル2枚

手洗いの手順

  1. 洗面器にぬるま湯(約30℃)を入れて、おしゃれ着用洗剤を溶かす。
  2. 1で作った洗濯液をタオルに染み込ませる。
  3. タオルを固く絞る。
  4. 絞ったタオルで、シミになった部分をトントンと叩くようにして拭く。
  5. 綺麗な水でタオルを洗って、絞る。
  6. 同じ箇所をもう一度拭いて、洗剤の成分を落とす。
  7. 乾いた別のタオルで濡れた部分を拭き、脱水する。
  8. 室内干しする。

丸洗いでも部分洗いでも、ロンシャンはおしゃれ着用の中性洗剤で洗いましょう。エマールやラボンなど、市販のものでOKです。普段使っている洗濯用洗剤で洗ってしまうと、洗浄力が高すぎて色落ちや型崩れする可能性があるので要注意!

守って洗おう!ロンシャンを洗う時の注意点

ロンシャンを洗う時には、前述したもの以外にも守ってほしい注意点がいくつかあります。

気持ちよく洗うためにも、以下の点に注意して洗濯してください。

直射日光と温風はNG

直射日光と温風はNG

洗濯する手順にも記載していますが、ロンシャンは必ず室内干ししてください。

ロンシャンはナイロン製なので熱に弱いため、外干しはNGです。

早く乾かしたいからといって直射日光に晒したり、ドライヤーの温風を当てたりすると型崩れや色落ちの原因になってしまいます。

型崩れに注意して干す

型崩れに注意して干す

ナイロン製のバッグは丈夫ですが、乾かし方によっては型崩れしてしまう場合もあります。

洗う時はもちろんですが、干す時も元の形を意識して扱ってくださいね。

ちょうどバッグと同じようなサイズのザルやカゴなどがあれば、それにかぶせるようにして干すと型崩れしにくくなります。

革部分を守って洗う

革部分を守って洗う

ロンシャンは持ち手と留め具周辺部分が、革でできています。

革は水に弱いので、変色や変形を防ぐためにも、なるべく水をつけないように注意して洗いましょう。

前述の通り、ラップで巻いて保護するのがおすすめです。

しっかり乾かしてから使う

しっかり乾かしてから使う

洗った後に、早く使いたいからといって半乾きのままものを入れてしまうのは絶対にNG。

乾きが悪いまま使ってしまうと、菌が増殖して嫌な匂いの原因になってしまいます。

他の洗濯物と同様に、ロンシャンも完全に乾いてから使用するようにしてくださいね

仕上げに防水スプレーを振る

仕上げに防水スプレーを振る

簡単に洗えるといっても、できるだけ洗う頻度は減らしたいのが本音ですよね。

普段からなるべく汚れがつかないようにするためにも、洗った直後に防水スプレーを振るのがおすすめです。

ナイロン素材に防水スプレーは必要ないと思われがちですが、汚れをもっと付きにくくしてくれる効果がありますよ。

なるべく洗いたくない人は、是非試してみてはいかがでしょうか。

家でも洗濯できるロンシャン!お気に入りをずっと大切にしよう

ロンシャンの洗濯は意外と簡単で自宅でも空き時間に行うことができそうですね。

革の部分に気をつけて洗うのはすこし面倒に感じるかもしれませんが、そこはやはりブランドバッグ。

お値段もそこそこ張るものなので、できればお気に入りの一つをずっと綺麗な状態で使いたいですよね。

毎日のお出かけを素敵に彩ってくれるロンシャンのためにも、定期的なお手入れをかかさないようにしましょう。

正しい洗い方をしっかりとマスターして、お気に入りのロンシャンを長く大切に使ってくださいね。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!


関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

せんたくのーと