メイクパフは洗濯しても良い?ふわふわをキープする洗い方

生活雑貨
メイクパフは洗濯しても良い?ふわふわをキープする洗い方

肌メイクの時のマストアイテムといえば、パフ。

気がつくとなんだかパウダーのノリが悪い、なんてことありませんか?

そんな時はパフが汚れてしまっているサインです。

パフは定期的に洗わないと、様々な肌トラブルの原因になってしまいます。

「でも一度洗ってしまうとパフのふわふわ感が損なわれてしまいそう…」と思っている方、ご心配なく!

今回はパフのふわふわ感をキープする、正しい洗い方をご紹介します。

パフは使用頻度の高いメイクアイテム!定期的なお手入れが必要

様々なメイク道具の中でも、パフはダントツで使用頻度の高いアイテムです。

朝のメイク時だけでなく、ランチ後や仕事終わりに出かける時など、1日に何度も使っている人も多いはず。

意外と酷使してしまっているので、しっかりとメンテナンスしてあげることが大切です。

パフの汚れの原因

パフの汚れの原因は主に以下の3つです。

  • 化粧品の色素(パウダー、チークなど)
  • パウダーの残り
  • 顔の皮脂

これらのものが付着したパフをそのままを使い続けてしまうと、ニキビや肌荒れ、シミやくすみの原因になってしまいます。

せっかくメイクで綺麗になろうとしているのに、実際の肌が汚くなってしまうのは本末転倒ですよね。

パフを洗うタイミングは?

パフを洗うタイミングは?

パフを洗うタイミングは、以下を目安にしましょう。

  • 変色してきた
  • 触感がゴワゴワしてきた
  • 化粧品のノリが悪くなってきた

パフを洗う理想的な頻度は、1週間に1回です。そんなに時間がない!という人は、最低でも2週間に1回は洗うよう心がけましょう。

ふわふわパフをキープ!正しい洗い方

パフの心地よさって、なんといってもあのふわふわ感ですよね。

顔はとても皮膚が薄くデリケートな部分なので、マシュマロのようにふわふわなパフを使うことが大切です。

ゴワゴワな肌触りのパフで顔を撫で続けると、肌に大ダメージを与えてしまいますよ。

そんなパフの本来のふわふわ感を損なわない、正しい洗い方と乾かし方をご紹介します。

パフの洗い方

パフの洗い方

用意するもの

  • たらいや洗面器
  • タオル
  • 中性の食器用洗剤

洗い方の手順

  1. 洗面器にぬるま湯(約30℃)をいれて、中性洗剤を溶かす
  2. 「1」で作った洗浄液の中にパフを入れる
  3. 優しく揉むように洗う(※ゴシゴシ強い力でこするのは絶対にNGです!)
  4. 洗浄液の色が濁らなくなるまで、「1〜3」の工程を繰り返す
  5. 綺麗な水でしっかりとすすぐ
  6. タオルで挟むようにして水気を拭き取る
  7. 風通しの良い日陰で干す

すすぎ時には洗剤の成分が残らないように、しっかりすすいでください。パフは「繊細な肌に使うもの」だということをお忘れなく!

パフの乾かし方

パフは乾かし方を間違えると、菌が増殖してしまったり、ふわふわ感が無くなってしまう場合があります。

せっかく綺麗に洗っても、乾かす時に失敗してしまうと意味がないんです。

最後まで気を抜かずに、以下のポイントを守ってしっかりと乾かしましょう。

風通しの良い日陰で干す

・風通しの良い日陰で干す

パフは熱に弱いので、直射日光は絶対に避けましょう。

紫外線を直接当てると、劣化の原因になってしまいます。

また早く乾かしたいからといって、ドライヤーなどの温風を当てることもやめましょうね。

吊るして干す

・吊るして干す

パフをどこかに直接置いて乾かすのはNG。

必ずクリップや洗濯バサミで挟んで吊るし干ししてくださいね。

パフはリボンのような取っ手(持ち手)が付いているものが多いので、そこを洗濯バサミで挟んで干すのがおすすめです。

パフに湿気が残っているうちに使ってしまうと、顔の皮脂が付きやすくなってしまい、かえって雑菌が繁殖してしまいます。そうなるとお肌にもパフにも良くない結果に…。必ず完全に乾燥させてから使うようにしてくださいね。

パフはこんなものでも洗える!

パフはこんなものでも洗える!

パフの汚れはメイク用品に含まれる油や、顔の表面の皮脂がメインです。

つまり油を落とすことができるものであれば、中性洗剤でなくてもOKです。

固形石鹸

パフは石鹸でも洗えます。

少し濡らしたパフを石鹸に優しく擦り付けると、みるみる汚れが落ちていきますよ。

また洗剤と違って石鹸は天然由来のものも多いので、肌が弱い方でも安心です。

ボディーソープ

こちらも固形石鹸と同じですが、固形ではなく液体なので、ぬるま湯に溶かして洗いたい時に便利です。

クレンジング剤

メイクを落とす時の必需品であるクレンジング剤も、パフを洗うのに使えます。

そもそもメイクを落とす目的で作られているものなので、化粧品に含まれている成分を落とす力は文句なしです。

正しいパフの洗い方を知ることが、綺麗な肌を作る秘訣

今回はパフの正しいお手入れ方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

パフの状態が、お肌のコンディションを大きく左右します。

「特に不摂生していないのに肌荒れが…」なんて時は、一度パフの状態をチェックしてみましょう。

毎日使うものだからこそ、日頃のケアが何よりも大切です。

正しいお手入れ方法をしっかりとマスターして、肌もパフも常に綺麗な状態をキープしましょう!

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!


関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

せんたくのーと