狭いスペースの賢い活用術!部屋干しするときの5つのポイント

部屋干し
狭いスペースの賢い活用術!部屋干しするときの5つのポイント

狭いお部屋で部屋干しのスペースを確保するのは難しいですよね。

今回は狭い空間を上手に活用する部屋干しのポイントを紹介します。

スペースが狭いときに試したい部屋干しの5つのポイント

部屋干しするスペースを確保するためには、便利なアイテムを使うまたは場所を効率的に使用することが重要です。

お部屋のスペースに困ったときは、これからご紹介する方法を参考にして部屋干しでもしっかり洗濯物を乾かしましょう。

1.壁付け物干しを活用する

部屋干しでも太陽にあてたい、そんな思いを叶えてくれつつ、狭いスペースでも活用できるのが壁付け物干しです。

室内干しをするときにアームを出して竿を渡すだけで洗濯竿のできあがり。

これだと太陽にあてながら洗濯物を乾かせますし、雨や雪が降っていなければ窓を開けておけば風通りも良く乾きやすくなりますよ。

また、不要なときはしまって竿の存在感をなくせるのでお部屋もすっきりした状態になります。

室内でもしっかり乾燥できるので部屋干しがメインになっている方におすすめです。

2.長い突っ張り棒を使う

突っ張り棒を利用するとお部屋の壁を使って部屋干しスペースを生むことができます。

竿一本なので簡単に設置でき、部屋干ししない場合は棒をしまうだけなので手軽です。

狭いお部屋に新たに部屋干しラックを置くと場所も取るので、物を広げるスペースがないお部屋にピッタリのアイテムと言えるでしょう。

他にも部屋干しの便利グッズが知りたい方はこちらを参考にしてください。

3.浴室に干す

3.浴室に干す

部屋干しスペースがない場合は浴室に干すのがおすすめです。

急な来客時にも片づける必要もなく、安心して部屋干しすることができます。

もし家庭にお子さんがいても触られる心配もないですし、ラックなどが重さで倒れてくる心配もありません。

また、浴室に干すことで生活空間に湿気を持ち込まなくて済み、室内干しのストレスも緩和されます。

さらに、浴室は換気扇がついているので早く乾かせるのもポイントです。

浴室で室内干しする場合は浴室にカビや汚れがないか確認してください。
カビの胞子がせっかく洗った洗濯についてしまう可能性があります。

4.干し方をひと工夫する

洗濯物の種類によって干し方を変えてあげることで、効率よく部屋干しが可能です。

アーチ干し

アーチ干し

内側になるにつれ丈が短い衣類を干します。

洗濯物の裾がアーチ状になるように干すことで乾きが早くなります。

囲み干し・ジャバラ干し

囲み干し・ジャバラ干し

タオルを干す際はこの干し方がおすすめです。

囲み干しは、ピンチ版画を使ってタオルの長い方の辺を挟み、ぐるっと囲むようにして干します。

ジャバラ干しは真上からみるとジグザグになるようにピンチハンガーを使って干します。

筒干し

筒干し

パンツ類は丸型のピンチハンガーでウエスト部分を挟んで干します。

5.室内の空気の流れを良くする

5.室内の空気の流れを良くする

室内干しの際は湿気がこもりやすく風通しが悪いと乾きにくく嫌な臭いが生じます。

狭いスペースのお部屋だと余計に気になってしまいますよね。

それを防ぐためには空気の流れを良くするのがポイントです。

なるべく洗濯物の感覚を空けて干し、サーキュレーターや扇風機を活用して湿気を含んだ空気を吹き飛ばしましょう。

スペースの有効活用と工夫で狭いお部屋でも部屋干し上手に

狭いスペースでも上手く工夫すれば十分部屋干しも快適に行えます。

今回ご紹介した方法を参考に、スペースが狭くてもしっかりと乾かせるよう自宅でも工夫してみてくださいね。

部屋干しの臭いが気になる方は柔軟剤に着目するのかポイントです。

こちらでは部屋干しにおすすめの柔軟剤を10個ご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

リナビス