自宅でできるスニーカーの洗濯方法!長く履くためのひと工夫とは?

スニーカー
自宅でできるスニーカーの洗濯方法!長く履くためのひと工夫とは?

誰もが一足は持っている、カジュアルコーデの主役ともいえるスニーカー。

はき心地も良くておしゃれなスニーカーって、履いているだけで気分が上がりますよね。

でもそんなお気に入りのスニーカー、ヘビロテすればするほど汚れが気になっていくのも事実。

洋服よりも断然汚れやすいのに、意外と洗濯回数が少なかったり正しいケア方法を知らなかったりしませんか?

実は普段履いているスニーカーのお手入れは自宅でも簡単にできるんです。

今回はスニーカーの正しい洗濯方法や、お手入れ方法をご紹介します。

自宅でできるケアが大事!スニーカーの基本の洗濯方法

流行中のキャンバススニーカーレザースニーカー

おしゃれで可愛いけど、その分ヘビロテするから汚れもたまりがち…。

でもポイントさえ押さえていけば、自宅で簡単にケアすることができます。

汚れをしっかり拭き取る

汚れをしっかり拭き取る

水で洗うのも大切ですが、忘れてはいけないのが日々のケア。

日常で行える簡単なケア方法ご紹介します。

  1. 固く絞った濡れタオルを作る。
  2. タオルで全体をこするように拭く。靴の内側や、かかと部分は汚れやすいので特にしっかりと!
  3. 自然乾燥させる。
  4. 完全に乾いたら防水スプレーを全体に吹きかける。

防水スプレーをかけることによって、次から汚れがつきにくくなります。新しいスニーカーを購入したら、まず防水スプレーをするのがおすすめですよ。

ソールも綺麗に

ソールも綺麗に

スニーカーのソール部分は地面と接しているので、どんなに気をつけて履いていてもドロや砂の汚れは避けられません。

そんな汚れがちなソール部分にはお掃除でも使える「メラミンスポンジ」がおすすめ。

100円ショップなどで簡単に購入できるので、気軽にお手入れができます。

メラミンスポンジに水をつけて、ソール部分をこすります。

ソール部分はゴムでできているものが多いので、力を入れてゴシゴシこすってもOK。

ゴムでない柔らかい素材のソールの時は、少し力加減に注意しましょう。

最後は乾いたタオルなどでしっかり拭き取ってください。

ソール部分が見違えるように綺麗になりますので、ソールの汚れが気になるときは是非試してみてくださいね。

素材別に解説!スニーカーの洗い方

靴の洗い方はそれぞれの素材によって少しずつ変わってきます。

ここでは2タイプの素材別の洗い方をご紹介します。

キャンバススニーカーの洗い方

キャンバススニーカーの洗い方

「コンバース」や「バンズ」などで数多く展開されているキャンバス地のスニーカー。

見た目がカジュアルでおしゃれなのですが、実はキャンバス生地は他の生地よりも汚れが目立ちやすいというデメリットもあります。

以下の手順に沿って洗えば、自宅で簡単にセルフケアができます。

  1. 埃をブラシで落とす。
  2. 桶にぬるま湯(40℃以下)を溜めて、洗剤を入れる。
  3. スニーカーを入れて浸け置きする。
  4. 洗剤や石鹸をつけたブラシで擦る。
  5. 数回水を入れ替えて、スニーカーをすすぐ。

上記の洗い方でキャンバススニーカー以外に、合皮素材のスニーカーも同様に洗うことができます。

しかし合皮は水に長い時間入れることによって型崩れを起こしやすくなるので、浸け置きは避けましょう。

キャンバススニーカー用のものより少し柔らかめのブラシで擦って、すすいだ後はなるべく早く乾かしてくださいね。

汚れがひどい場合は浸け置き時間を長くすることで、生地に染み込んだ汚れをしっかりと落とすことができます。
また、重曹を使用して浸け置きすると防カビ対策にもなって◎。

レザースニーカーの洗い方

レザースニーカーの洗い方

Adidasの「スタンスミス」などが人気のレザースニーカー。

レザーは天然皮革なので、水洗いはNGです。

お手入れには専用のクリームやリムーバーが必要です。

以下の手順に沿ってケアしてください。

  1. 馬毛ブラシで埃を落とす。
  2. 専用のリムーバーを乾いた布につける。
  3. 表面を優しく拭き、汚れを落とす。
  4. 専用のクリームを乾いた布やペネトレイトブラシを使用して、靴の表面に塗る。
  5. きれいな馬毛ブラシで余分なクリームを落とす。

レザーと同様にスエード素材のスニーカーも、専用のクリーナーやリムーバーを使用する必要があります。

普通のブラシでこするとレザーのコーティングを剥がしてしまう恐れがあるので、馬毛ブラシを使ってください。
ソール部分ならどんなブラシを使っても問題ありませんが、頑固な汚れはメラミンスポンジでこすって落とすのがおすすめです。

スニーカーを洗った後は…

水洗いで綺麗になったら、きちんと乾かすのがポイントです。

濡れた靴をそのまま放置してしまうのは、雑菌の増殖や型崩れの原因になりますので、絶対に避けてくださいね。

洗濯機で脱水する

洗濯機で脱水する

脱水をしないまま干してしまうと、水ジミの原因に。

そのため、洗濯機でしっかりと脱水するのが重要です。

スニーカーの中にタオルや新聞紙を詰めておくと、型崩れを防いでくれますよ。

また、脱水時にスニーカーが洗濯槽に当たってダメージを受けるのを防ぐために、洗濯ネットの使用をおすすめします。

スニーカーを乾かす

スニーカーを乾かす

脱水が終わったらできるだけ早く乾かすのが大切です。

干す場所や干し方はお好みで構いませんが、直射日光は避けたほうが無難です。

洗った直後は生地が縮むので、脱水の際に入れたタオルをそのまま抜かずに乾かしても◎。

地面に置いて乾かしても問題ありませんが、なるべくスニーカーが触れている面積を減らすために、針金ハンガーの両端を上に折り曲げて、折り曲げたところにスニーカーを引っ掛けて干すのがベストです。

スニーカー長く大切に履くためにはお洗濯が大切!

スニーカーはカジュアルなコーディネートの強い味方ですが、ラフなアイテムだからこそ清潔感はとっても大事。

定期的にメンテナンスすることが、スニーカーの寿命を延ばす一番の近道です。

正しい洗い方とこまめなお手入れ方法をしっかりとマスターして、自分に合ったスニーカーを長く大切に履きましょう。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!


関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

せんたくのーと