思わぬ落とし穴!注意したい洗濯物につく柔軟剤のシミの防ぎ方

柔軟剤 シミ抜き
思わぬ落とし穴!注意したい洗濯物につく柔軟剤のシミの防ぎ方

洗濯したのに衣類に謎のシミが…。

それはもしかしたら柔軟剤が原因かもしれません。

今回は柔軟剤が原因でできるシミの防ぎ方をご紹介します。

そのシミの原因は柔軟剤だった!?どうしてシミができるの?

柔軟剤は本来、洗濯物の手ざわりを良くするものですが、なぜシミができてしまうのでしょうか?

日常生活の何気ない行動が原因になっている可能性もあります。

原因1:大量に柔軟剤を買い込む

原因1:大量に柔軟剤を買い込む

お気に入りの柔軟剤を切らしてしまわないように、ストックしている方も多いのではないでしょうか。

柔軟剤は経年劣化によって油と液に分離してしまいます。

その分離した状態の柔軟剤を洗濯機に入れてしまうと、油を入れているようなものなので衣類にシミが発生してしまうのです。

また、合成洗剤には石油系界面活性剤が入っており、繊維に少しずつダメージを与えています。

繊維にシミが付きやすくなっている状態で、分離した柔軟剤が入るとことでシミが発生してしまいます。

原因2:柔軟剤の保管場所が悪い

原因2:柔軟剤の保管場所が悪い

柔軟剤を直射日光が当たる場所や、室温が高い場所に置いてはいませんか?

経年劣化した柔軟剤と同様で、保管場所が悪い場合も柔軟剤は油と液に分離してしまいます。

先ほど同様に、分離した柔軟剤は衣類のシミの原因の一つになるので、注意が必要です。

原因3:柔軟剤の量

原因3:柔軟剤の量

柔軟剤のにおいを衣類につけたいからと言って規定の量をオーバーして入れていませんか?

もしくは柔軟剤がもったいないからと言って規定の量より少なくしていませんか?

実はどちらもシミができる原因の一つと言われています。

柔軟剤を使用するときは表示されている規定の量を守るようにしてください。

柔軟剤の量を守らないとシミ以外にも衣類の吸水性を下げたり生地が傷んだりする原因にも繋がりますよ。

原因4:原液がかかる

原因4:原液がかかる

柔軟剤の原液が衣類に直接付いてしまうとシミの原因になります。

衣類が黄ばんでしまうことがあるので、直接かけるのはNGです。

柔軟剤のシミを防ぐ方法

  • 柔軟剤を長期間放置しない
  • 日の当たらない涼しい場所で柔軟剤を保管
  • 柔軟剤の使用量を守る
  • 洗濯機に直接入れない

保管場所に注意しておくことと、規定量を守ることが大切です。

際ほどご紹介したとおり、柔軟剤を長時間放置したり、高温を避けたりと、柔軟剤が分離しないように気を付けてください。

また、柔軟剤は洗剤と一緒に入れず、投入口別に分けて入れるか、すすぎの水がきれいになってから入れるようにしてください。

手動で入れる場合は衣類に直接つけないように注意が必要です。

柔軟剤のシミができてしまったら

柔軟剤のシミができてしまったら

柔軟剤のシミを落とすには中性洗剤を用います。

中性洗剤は中性と表示がある液体洗剤で、台所洗剤でも代用可能です。

柔軟剤のシミを落とす方法

  1. 洗面器にお湯を張る
  2. 中性洗剤を入れて溶かす
  3. シミがついている部分をやさしく丁寧にもんで洗う
  4. すすぐ

柔軟剤のシミを見つけたら速やかに洗うようにしましょう。

中性洗剤の他に、固形石けんでも代用できます。

洗濯の際は柔軟剤のシミに注意!

柔軟剤が原因でシミになる理由と、柔軟剤のシミの防ぎ方、シミの落とし方をご紹介しました。

柔軟剤も使用方法を間違えるとシミの原因になるので注意してくださいね。

ぜひ、これを機にご家庭の洗濯物も見直しましょう。

柔軟剤の効果と正しい使い方を以下でご紹介していますので、こちらも参考にしてくださいね。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!


関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

せんたくのーと