【素材別】マフラーの洗い方と長持ちさせる3つのコツ

マフラー
【素材別】マフラーの洗い方と長持ちさせる3つのコツ

マフラーは洗い方を工夫すれば、より長持ちさせることができます。

今回は自宅でできるマフラーの洗い方を素材別にまとめました。

素材別に覚えておきたい!マフラーを長持ちさせる洗い方

まずは自分が使用しているマフラーの素材を確認しましょう。

マフラーの素材によって洗い方や使用する洗剤が異なります。

アクリル素材のマフラーの洗い方

アクリル素材のマフラーの洗い方

アクリル素材のマフラーはカジュアルなものが多く、洗濯機で洗えるものがほとんどです。

しかし、他の衣類と同じように洗濯機にぐちゃぐちゃに入れてしまうとマフラーの繊維を傷めてしまいます。

長持ちさせるためにも、必ず折りたたんで洗濯ネットに入れて洗うようにしてください。

洗い方

  1. 汚れた方を外側にして折りたたむ
  2. 洗濯ネットに入れる
  3. おしゃれ着洗剤などの中性洗剤で「手洗いコース」などの弱水流で洗う
  4. ふんわりさせたい場合は柔軟剤を入れる
  5. 脱水は短めに設定
  6. 風通しの良い日陰で干す

洗濯機で洗う場合は他のものと一緒に洗うのは色移りや繊維を傷める原因になるので控えましょう!

ウール素材のマフラーの洗い方

ウール素材のマフラーの洗い方

ウールは繊細なものなので自宅で洗えるかどうかしっかり洗濯表示を確認しておきましょう。

また、マフラーの生地を傷めないためにもできるだけ手洗いで洗うのがおすすめです。

洗い方

  1. マフラーが入る洗面器などにぬるま湯を張る
  2. おしゃれ着洗剤などの中性洗剤を溶かす
  3. マフラーの汚れている方を外側にして折りたたむ
  4. マフラーを洗浄液に入れて押し洗いを何度か繰り返す
  5. 水を入れ替えて泡がなくなるまですすぐ
  6. すすぎの最後で柔軟剤を入れる
  7. タオルでやさしく水分を取る
  8. 平干しで陰干しする

カシミヤ素材のマフラーの洗い方

カシミヤ素材のマフラーの洗い方

カシミヤのマフラーはウールよりも繊細でやさしく丁寧に扱う必要があります。

こちらも洗濯表示をしっかり確認してください。

洗い方はウールと同様で大丈夫ですが、よりやさしく洗うように心がけるのが長持ちさせるポイントです。

洗い方

  1. マフラーが入る洗面器などにぬるま湯を張る
  2. おしゃれ着洗剤などの中性洗剤を溶かす
  3. マフラーの汚れている方を外側にして折りたたむ
  4. マフラーを洗浄液に入れて押し洗いを何度か繰り返す
  5. 水を入れ替えて泡がなくなるまですすぐ
  6. すすぎの最後で柔軟剤を入れる
  7. タオルでやさしく水分を取る
  8. 平干しで陰干しする

カシミヤは水に長時間つけると傷んでしまうのでできるだけ短時間で済ませましょう!

カシミヤマフラー手洗いの方法は動画でも紹介しています!

手編みのマフラーの洗い方

カシミヤ素材のマフラーの洗い方

手編みのマフラーは洗濯表示がないものがほとんどです。

そのためそのマフラーが洗えるかどうかわからない場合は、やさしく手洗いし、乾いてからスチームアイロンで寝てしまった毛を起こしましょう。

スチームアイロンをかけた後はしっかり陰干ししてください。

マフラーを手洗いするときの3つのコツ

  • 水温は30℃以内のぬるま湯にする
  • カシミヤはやさしく丁寧に扱い短時間で洗う
  • 中性洗剤を使う

マフラーを手洗いする際は上記の3つを意識しておいてください!

1.水温は30℃以内のぬるま湯にする

水温は30℃以内のぬるま湯にする

ぬるま湯で洗うことでより汚れが落ちやすくなります。

マフラーは繊維を傷めないためにもスムーズに洗うのが大事なので、できるだけぬるま湯で洗うようにしましょう!

また、洗濯中に温度が急激に変化するとマフラーの縮みにつながります。

すぐに冷めてしまう高温のお湯は避けてぬるま湯での洗濯がおすすめです。

2.やさしく丁寧に扱い短時間で洗う

やさしく丁寧に扱い短時間で洗う

マフラーはデリケートな素材も多いので長時間水につけてはいけません。

繊維が傷む原因にもなるのでマフラーを長持ちさせる場合は、すすぎも含め、短時間で洗ってください。

またマフラーを手洗いしたときは、脱水機は使わずタオルでこすらないようにやさしく水気を取りましょう。

3.中性洗剤のおしゃれ着洗剤を使う

中性洗剤のおしゃれ着洗剤を使う

洗剤はおしゃれ着洗剤で洗うようにしてください。

おしゃれ着洗剤は繊維を保護する成分が含まれており、型崩れや色落ちさせたくないものを洗うのに適しています。

また、簡単なすすぎでも落ちやすいので手洗いでの洗濯にもおすすめです。

そのためウールやカシミヤなどのマフラーを手洗いするのに特化した洗剤と言えます。

マフラーの洗い方をマスターしてお気に入りを長持ちさせよう

お気に入りのマフラーを大切にするためにもしっかりとお手入れしてあげましょう。

顔に近い場所に巻きつけるマフラーは洗剤や柔軟剤で好みの香りを選べば、常に良い香りがして気持ちも高まりますよ。

香りが苦手な方におすすめの柔軟剤を以下の記事でご紹介していますのであわせてご覧ください。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!


関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

せんたくのーと