洗濯したタオルがピンクになる原因は?今すぐできる対処法

タオル
洗濯したタオルがピンクになる原因は?今すぐできる対処法

真っ白だったタオルが洗濯しているのにいつの間にかピンク色になってきた経験はありませんか?

なんとなく嫌な臭いもするし、毎日洗っても白くならなくて不安になりますよね。

今回はタオルの嫌な臭いとタオルがピンク色になる原因&対処法について調べてみました。

洗濯した白いタオルがピンク色になる原因は?

洗っても洗ってもキレイにならないタオル。

洗濯機から出したら真っ白になっているはずが、なぜかピンク色に。

色物と一緒に洗ったわけでもないのになぜ色がついてしまうのか、その原因を突き止めましょう。

臭いもピンク色も菌が原因

臭いもピンク色も菌が原因

タオルが洗濯をしてもピンク色になってしまう原因は菌です。

タオルや衣類などは濡れた状態が続くと雑菌が繁殖しやすくなるため、ピンクの色素を出す酵母菌(カビの一種)などが繁殖し、白いタオルがピンク色に変わったと考えられます。

お風呂のタイルが水垢の汚れでピンク色になってしまうのと同じように、タオルも雑菌の繁殖によってカビが広がりピンクに変色しています。

菌が繁殖した状態では雑巾のような臭いや生乾きのような臭いも発生してしまいますので、注意しましょう。

では、ピンク色になってしまったタオルはどのように対処すれば良いのでしょうか? 

もしかしたら色移りが原因かも!

もしかしたら色移りが原因かも!

真っ白なタオルを色物と一緒に洗っていませんか?

洗濯したときに赤や濃いピンクの衣類の色が落ちてタオルに移ってしまっている可能性があります。

白物と色物は分けて洗濯するのが基本です。

色移りを防ぎたい場合は、白いアイテムは単独で洗うことを習慣づけましょう。

色移りが原因の場合は、タオルに移った色素を取り除くことで真っ白に戻すことができます。

ピンク色のタオルを元に戻すには?

ピンク色になってしまったタオルはちょっとした工夫で元に戻すことができます。

一番簡単なのは塩素系漂白剤に漬けて殺菌を行うのですが、きつい塩素の臭いが苦手という声もあります。

そんなときには「過炭酸ナトリウム」を使用することをおすすめします。

「過炭酸ナトリウム」一見手に入れるのが難しそうな印象ですが、「酸素系漂白剤」としてドラッグストアなどでも販売されていますので安心してください。

過炭酸ナトリウムでタオルを漂白する方法

タオルを白く復活させるには、タオルを漂白して雑菌やカビの対策を行うことが重要です。

手順

  1. 40℃~50℃のお湯を準備する
  2. お湯1Lに対して過炭酸ナトリウム大さじ2を溶かす
  3. 1時間から2時間タオルをつけ置きする
  4. いつも通り洗濯機で洗う
  5. それでもピンク色が落ちない場合は、同じ分量で煮洗いする

これで、嫌な臭いもピンク色も落ちます。

過酸化ナトリウムはオキシクリーンなどの粉状のものも販売されていますが、漂白剤として液体のものも販売されています。

液体漂白剤を購入するときには酸素系漂白剤と塩素系漂白剤を間違えないように注意してください。

煮洗いとは?

その名の通り、火にかけて煮込みながら洗います。

鍋に水と洗剤、洗うものを入れてふきこぼれないように注意しながら弱火で20分〜30分煮込みます。

洗剤や石鹸を使用するとアルミの鍋は変色してしまうので、煮洗いにはステンレスやホーローの鍋を使うようにしましょう。

高温で煮ることでタオルの菌を除去します。

タオルがピンク色になるのを防ぐには?

タオルがピンク色になるのを防ぐには?

タオルの変色を防ぐには毎日の心がけが大切です。

濡れたタオルはすぐに洗濯機に入れず湿気がこもらない場所にかけておく、洗濯が終わったら洗濯物はすぐに洗濯機から出して干す、など菌を繁殖させないことで防ぐことができます。

特に夏場や梅雨の時期は脱ぎたての衣類にも湿気が残り菌が繁殖しやすいので注意しましょう。

タオルのピンク色も自宅で解決!

過炭酸ナトリウムを使えば、嫌な臭いもピンク色も綺麗に落ちた真っ白なタオルになります。

洗濯のときの少しの工夫で対処できるので、真っ白で清潔なタオルを守るためにも注意しましょう。

念入りに洗濯していてもピンク色になってしまう、臭ってきてしまうときは、今回紹介した漬け置き&煮洗いを是非試してみてください。

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!


関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

せんたくのーと