大切なスーツをカビから守る!原因と正しい対処法を徹底解説

スーツ カビ
大切なスーツをカビから守る!原因と正しい対処法を徹底解説

クローゼットからスーツを取り出したら、カビが生えていた!なんて経験はありませんか?

毎日スーツを着ている人よりも、着る機会が少ない人の方がカビに遭遇してしまうことが多く、「なんでよりによって今?」と頭を抱えてしまいますよね。

必要なときにきちんとスーツを着るためにも、スーツのカビを防ぎましょう。

今回はスーツにカビが生えてしまう原因と生えさせないための対策をお伝えします。

スーツにカビが生える原因は?正しい対処方法を解説!

スーツはもちろん、普段着にも使用できる方法なのでぜひ参考にしてくださいね。

スーツのカビの原因は?

カビが生えてしまう原因は、温度・湿度・カビの栄養源があることの3つです。

温度

温度

カビが最も発生しやすい温度は、20℃〜30℃です。

人間が居心地良いと感じる温度とほぼ同じで、室内の温度はこの程度に保たれることが多い夏〜秋の時期にカビが発生しやすくなります。

最近は気密性の高い住宅が出来ているので、室内が一定の温度に保たれるようになり、カビの居心地も良くなり発生しやすいという課題も。

湿気

湿気は、雨の多い梅雨の時期はもちろんですが、冬場でも外気温との温度差による結露で湿度が高くなります。

クローゼットのような閉ざされた空間は湿気が溜まりやすく、服を詰め込みすぎると風通しが悪くなりさらに湿度が高くなります。

湿気が多い場所ではカビの動きが活発になりますので注意が必要です。

カビの栄養源

カビの栄養源

カビの栄養源は、服の素材や着用することによって付着する汚れです。

汗や皮脂、油汚れのシミはカビの栄養源になっていましいますので、片付ける前には必ずキレイにしておく必要があります。

また、スーツは天然素材のウールで作られているものも多くウールはタンパク質のため、スーツ自体もカビの栄養となります。

一度カビが発生してしまうと栄養を元に大きくなってしまうためカビが繁殖してしまうのです。

カビの予防はできる?

簡単に言えば、クローゼットの温度を高くして、湿気を無くして汚れもほこりも無い状態を保てれば、カビは予防できます。

しかし、私たちが生活する上で現実的には不可能です。

では一体どのようにカビを防ぐのでしょうか?

自宅でできる3つのスーツのカビ対策

スーツのカビを防ぐには、スーツをしまう前にひと手間かけてあげることが必要です。

簡単な工夫でカビを防ぐことができるのでぜひ自宅で実践してみてください。

①スーツは一度着たら、そのまま収納しない!

①一度着たら、そのまま収納しない!

一番大切なのが、一度でも着たスーツはそのまま片付けないこと。

もちろん一緒に入れている普段着のお洋服も同様です。

着用した服は目に見えなくても必ず汚れが付着しており、その汚れを餌にしてカビが繁殖します。

「一度だけだし…」というのは、カビには通用しないことを覚えていてください!

長期間保存する前には必ずクリーニングに出すか、しっかりと洗濯してから収納しましょう。

②スーツのビニール袋は外しましょう!

②ビニール袋は外しましょう!

洋服をクリーニングに出すと、ビニール袋を被せて返ってきますよね。

よくそのままクローゼットに入れている人もいますが、あれはあくまで自宅までのホコリよけのためのものですので、保管用ではありません。

ビニール袋は通気性が無いため湿気がこもりやすく、冬場には結露してしまうこともあります。

またカビ対策には不向きですので、必ず外してから片付けるようにしましょう。

ホコリよけにするのであれば、不織布や布の通気性の良いカバーを利用しましょう。

③スーツを入れるクローゼットに服を詰め過ぎない!

③クローゼットに服を詰め過ぎない!

クローゼットは、部屋の端っこに設置されることや閉ざされた空間であることから湿気がとても溜まりやすい特徴があります。

中にみっちり服を詰め込んでいるとなおさらです。

そのため、まずは中を整理して、収納する量は全体の8割程度に留めましょう。

また湿気を取り除くための除湿剤を必ず置きましょう。

湿気は下に溜まりやすいので、ボックスやタンスに除湿剤を入れる場合は、一番下に入れておくのがおすすめです。

そして定期的にクローゼットを開け放しにして空気を入れ替えましょう。

スーツのカビ対策はお片付け前のひと手間!

長期保管する前にはしっかり汚れを落とす、クリーニングに出した場合はビニール袋を外す、湿気を取り除くの3つの工夫でスーツのカビを防ぐことができます。

長期保管の前には確実に行ってカビを防止しましょう。

スーツのカビは、クリーニング店でも完璧に取るのは難しい場合があります。

カビが生えてはクリーニングに出すという繰り返しにならないように、この機会に自宅のクローゼットを見直してみましょう。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!


関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

せんたくのーと